交通事故における弁護士の役割

交通事故の裁判について

交通事故における弁護士の役割

交通事故の示談交渉で揉め、示談決裂になると次は裁判となります。
そして裁判となると弁護士に代理人をお願いすることになります。

交通事故では本来任意保険会社同士が話し合いをし、折り合いをつけて解決をしますが、相手が任意保険に入っていない場合や、保険会社の対応に納得がいかない場合、相手の対応、態度に不満、納得がいかない場合などで示談決裂となり裁判へとなる場合があります。
裁判となると大抵弁護士を代理人にお願いすることになります。
それは本人の代理人となり得るのは弁護士以外に認められていないからです。

当然保険会社の担当者も代理人にはなりえません。
そして代理人でもない人が示談交渉をするのは法律違反となり、そのため過失のない方の保険会社は交渉に立つことができません。
保険会社が示談交渉を行うのは、本人の代理というわけではなく、保険会社同士で「どうしましょうか」という話し合いをすると思っておけば良いかと思います。

そのため保険会社の対応に納得いかないとなる人は多いです。
特に被害者側だと重い事故になればなるほど保険会社の示談金の提示に納得する人は少ないと思います。
そして代理人ではないためいくら保険会社が示談してほしいと言っても本人がしなければ示談になりません。
そうやってこじれて示談決裂になって裁判へとなります。

ただ裁判となり弁護士を雇うとなるとかなりな額の費用がかかります。
そのため軽い事故などでは弁護士を雇って裁判をするよりも、不承不承相手の保険会社の提示を飲むということになります。
相手の不注意で自分の人生を狂わされても、保険会社はそれに見合った慰謝料は用意してくれません。
理不尽ではありますがそれが今の日本の法律です。
なので交通事故にあったら、まずは警察へ、そして保険会社へ、その後弁護士へと連絡を取ることをお勧めします。

関連トピックス
交通事故慰謝料の妥当な金額は?