個人情報保護法違反の探偵業務

個人情報保護法違反などのリスクの高い調査は費用も高額

探偵業務というのは、通常では接することのできないような情報も特殊なルートを通じて入手することがあり、このような調査はリスクが高いので高額の調査費用がかかることが常となっています。

個人情報保護法違反に匹敵するような情報収集

探偵事務所では個人情報保護法違反に匹敵するような情報収集や調査を行うことがあります。

例えば、最近多いのが浮気調査の証拠集めの一環として、浮気相手の個人口座の残高を調べるという調査方法があります。

この方法に際しては探偵事務所では独自ルートを通じて情報収集にあたりますが、個人情報保護法違反の観点が強いためにおおっぴらに調査を推奨しているわけではありません。

これまでの仕事でできたつながりが業務に役立ちます

仕事の関係上、様々な業種の人と接する機会が多いのが探偵という職業であるため、仕事でできた個人的なつながりを大切にしながら業務に役立てるといった方法が広く用いられています。

刑事出身の探偵も

探偵の中には刑事出身の人も多く、その際に習得した調査方法を探偵という新たな場所で活用することも珍しいことではありません。

また、刑事という仕事の経験から事件性の高いものについては内密に報告をしたりすることもあります。

違法性すれすれの調査業務

このように、探偵の言う職業は職業上知り得た情報に対する守秘義務を堅持しながらも、仕事に役立てることが出来るコネクションを確実に築きあげて調査に役立てるようにしています。

個人情報については時に目をつむり、違法性すれすれのところで調査業務を遂行することが使命であるとの理解が必要となっています。