探偵の尾行方法ってどうやってるの?

プロの尾行

人を尾行するというのは簡単そうで難しいものです。

一般的に素人が尾行するときに最も難しいことは相手に顔を知られていることです。知らない人をつけていく目的はなく、やはり自分が知っている人の調査をすることが多いものです。

探偵はとても尾行が上手ですが、これにはプロの方法があります。

徒歩での追跡

まず、歩行者を追跡するときは探偵の場合は相手に顔を知られていないので、なるべく相手の視界に入ることさえさければ怪しまれることもなく簡単に追跡できます。

車での追跡

次に車で追跡する場合ですが、これも真後ろにべたつきで追跡することさえ避ければ比較的簡単に追跡できます。

探偵のノウハウと経験

探偵がうまいのはこうしたノウハウを知っていること、または経験則があることです。やはり人を付けていくというのは一定の経験は必要だと言えます。

どのような角度ならばれないのか、距離はどのくらいなのかなど、追跡を繰り返すことで自分の追跡スキルはあがっていくので、うまく相手を追いかけることができます。

尾行時の変装

探偵と言えば変装というイメージがありますが、これも一つのスキルと言えます。

例えば、何日も同じ人を追跡する場合は同じ服装や雰囲気で追跡すると怪しまれる可能性がとても高くなります。

しかし、ウィッグで髪型を変えたり服装を極端に変えることで、仮に相手に姿を見られているとしても違う人だと認識させることができます。

こうした技術の積み重ねによって相手に一切ばれることなく、完璧に尾行できるようになります。